<< Contemporary BEIRUT | main | NORAヘアサロンさんでお話をしてきました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
Contemporary BEIRUT 開催!
レバノン、ベイルートでの展覧会がレバノン全国紙”デイリースター”とフランス語圏のメディア ”L'Orient-Le Jour”に取り上げられました。

ども、高倉です。

以前告知した「コンテンポラリーベイルート」無事にスタートしました。慣れ親しんだ街で、自分がいないのに作品が展示されていること、また今回は私だけでなく拝借景として出品できていること。なんだか不思議な感覚です。

そんな中ですが、早速展覧会をレバノン全国紙デイリースターに取り上げていただきました。
http://m.dailystar.com.lb/Culture/Art/2014/May-23/257449-beirut-gets-new-art-fair-and-a-dose-of-deja-vu.ashx

フランス語圏のメディア ”L'Orient-Le Jour”にも取り上げられました。
http://www.lorientlejour.com/article/868537/art-contemporain-global-a-lartheum.html


〜一部抜粋〜 デイリースターより

ーーーー
中東、北アフリカ、南アジアに注目したアートフェアが2010年よりレバノン首都、ベイルートにてはじまり絵画、彫刻、写真と様々な媒体を扱い人気を集めている。

2012年より開催している「The Beirut Photo Fair 」もその1つ。通例に従えば今年三度目となる予定だったが会場となる「ARTHEUM-アーセウム」代表Nino AZZI は今年現代美術の市場拡大へ向けた新たな挑戦を始めた。それは水曜日よりはじまった「The Contemporary Beirut Global Art Fair」レバノン、シリア、ドイツ、中国、日本、タンザニア、セネガル全七カ国よりアート作品を集めた大型アートフェアである。

コレクターにとっては既視感を与えるアーティストの作品もある。過去にベイルートで展覧会を開催したアーティストの作品も多く並んでいるからだ。しかし同時にレバノンでの展覧会が初となる評価の高いアーティストの作品も多数出品、展示している。これらは今後さらなる発展が期待され、レバノンへ新しい新鮮な風を吹き込むフェアとなっている。
ーーーー英訳 Takakura Yoshinori

そして記事内では拝借景より出品しているアーティスト下西進さんの写真作品が独特な手法と共にMohamad Khayata(シリア人)、Audree Ani(レバノン人)と並び取り上げられています。


〜一部抜粋〜 L'Orient-Le Jourより
ーーーー
「レバノンのアートシーンに、ダイナミックな息吹をもう一度注入するため」、ニノ•アッジが主宰するアルテウムのチームは、コルニッシュ•デュ•フルーヴの広大なスペースで、第一回目のコンテンポラリー•ベイルート•グローバル•アート•フェア企画することを決意した。
こうして1,000平方メートルというスペースに、フランス、ドイツ、アメリカ、日本、インドネシア、中国、イラン、アフリカ、アルメニア、ヨルダン、レバノン、シリアから選ばれた美しい作品が展示されている。
「レバノンの作家を紹介することと同時に、国際的な作家を紹介することも目的です。 大物作家だけでなく、また若い才能も。」とアッジ氏は言う。今回は、ギャラリーの普及よりも、むしろ作家の普及という方に重きが置かれている。…
例えば日本の作家(山本 努、松浦 春菜、そして松下 徹など)は、超細密かつ深く考察され、洗練され、きちんと秩序立てられ、さらにはしばしば‘自然’に結び付くような作品を見せてくれていることが分かる。
ーーーー仏訳 Yamabana Nami

| レバノン | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 15:02 | - | - | |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック