<< 拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic” 無事終了致しました。 | main | 拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic” イベント写真/Event photo >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
取手 アトリエ放浪記3 終
幸田です

「非の無い処に煙を立てる。」 会期ぶじ終了しましたー 私は24日に搬出も済ませ 今は東京の自宅に戻っています

いやー あっというまの滞在期間でした
そして 帰って来たら春が来ている 桜だ桜 さいこうです これからしばらくは 桜とビールを呑むことを中心にしていこう

春は人のこころを活発にもするけど 巡りが悪くなると発狂する季節だそうですね オギーさんのはなしに学びました
身体も動かしつつ 頭も働かせて そのバランスをだいじに やっていきましょうね


さて 会期の最後の週末は どどどっとあっというまに過ぎたけれど 一日中絵のまえにいて じっくり 絵を描く頭で
最後の取手生活を味わえたときでもありました

カレー食べたり とにかく ごはんをいつもだれかと食べていて 楽しかった



今回は 絵のまえで再会もたくさんあったし 思いがけない繋がりもあったし よかったです
 印象として 取手に住む一般の 通りすがりの人の反応もとても素直なもので これは実は案外ないので おっ と思いました 「何これ(苦)」 というより 「何これーっ!(驚)」というかんじで
老若男女 気軽にのぞいていたと思います
なんか 根底のところでこの土地に 芸術鑑賞のベースが自然とあるような? 芸大のおかげが大きいかもしれませんが
そんな気もしました
ただ 展示は「芸大生?がんばってね」 の域を大きく越えたものに もっともっと なっていかなければ!と思いました


展示最終日 クロージングぎりぎりのところで なんとかかんとか 絵が 今回描きたいところに着地し 長屋の中に絵を吊り
展示しました
クロージングパーティのとき阿部くんが みんなをひきつれて長屋まで ツアーをしてくれて
日が暮れて 展示だけが光る長屋で 絵をみる
うれしかった ほんとうになんかうれしかったです
今回 私はなんだかんだ やっぱり 取手のアーティストに向けて 絵を描いていた部分が大きかったように思います
自分と同じように ひとりひとり つくっている人たちに出会いたかったし 作品を見たかったし見て欲しかったと思います
だから 夜の長屋で 最後にみんなで 長屋と絵をみていたその瞬間に とても感動しました
取手に来てよかったなーと 思いました
この夜を忘れません ね





翌日 搬出 ていねいに でもあっというまに終了して 取手で描いた一枚の絵は(まだ乾いてないから)しばらくのあいだ
拝借景に滞在です 


下西さん 阿部くんとも はなしをして なんだか寂しくなるから 日が落ちる前に取手をでた
毎日毎日みていた 取手の夕暮れを またみながら帰る



いつもはこの長屋までのあいだ 夕日をみていました



今日は その先の丘を越えて帰ります



取手駅へ



帰りの常磐線がまた 綺麗でした 人がたくさんいて 夕暮れの光に照らされていて 自分が描いた絵みたいな光景でした

色々なことを肯定的に考えながら 力が湧いてくるような常磐線でした が 途中から爆睡でした

起きたらすっきり 夜

またここから がんばっていきたいと思います

おつかれさまでした! ありがとうございます! 
エイエイオーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッ !

終わり



 
| 非の無い処に煙を立てる。 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 15:30 | - | - | |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック