<< 拝借景/火の無い処に煙を立てる、参加作家紹介。 | main | 12月15日(日)/拝借景公開会議ー次回の展示についてー19時〜を開催します。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
拝借景/火の無い処に煙りを立てる。開催致します!!12/13[金]19時から、14[土]、15[日]の三日間!!




拝借景/火の無い処に煙を立てる。
Haisyakkei/ Skyrocket can be a Conflagration.


会期:2013年12月14日(土)〜12月15日(日)14時〜19時

会場:拝借景/茨城県取手市井野1-8-1  

会期中イベント:
*13日[金]/プレオープニング19時〜
本展示の為に制作された塔のてっぺんに火をつけ煙を立てます。出品作家の菊池良太のパフォーマンスによって本展示が始まります。

*14日[土]/出品作家プレゼン17時〜19時
出品作家による作品プレゼン。特別ゲスト(美術家/平田 五郎氏)をお招きし、講評を行います。
*15日[日]/拝借景公開会議ー次回の展示についてー19時〜
次回拝借景で開催される展示の打ち合わせを公開します。拝借景とは何なのかを知れるまたとない機会です。

作家:
阿部 乳坊 Abe Nyubo
市川 ヂュン Ichikawa Zyun
大塩 博子 Oshio Hiroko
菊地 良太 Kikuchi Ryota
下西 進 Shimonishi Susumu
杉本 克哉 Sugimoto Katsuya
鳥井 祥太 Torii Shota
藤林 悠 Fujibayashi Haruka
松下 徹 Matsushita Tohru

「拝借景/火の無い処に煙を立てる。」
暗い部屋でタバコを吸っていると、タバコの煙が部屋中に漂う。
煙は窓からの光に照らされて雲のような塊になり、またいつかそれが線になって
部屋の暗部に消えていく。
拝借景はずっとそのような場所であった。
あるときに人が集まったり、散り散りバラバラに去っていったり、
そういう状態がずっと続き、いつからか存続し続けている。同じ人も同じ空間も同じ思想も無い、
抽象的ななにかが拝借景であり続けている。
アートプロジェクトとも、アートコレクティブとも、オルターナティブスペースともつかない
拝借景の正体はいったいなんであるのか?
今一つわかる事があるとすれば、この場所からは多数のアーティスト達によって、表現の狼煙が立ち昇っているということ。
また今回も私達は火の無い処に煙を立てます、灯火の少ない「街」にざわつきを生み出す為に。

拝借景
茨城県取手市にある、改築を続けながら成長する借家。共同生活と表現活動が混じり合い、地域の人やアーテイスト、学生、キュレーター、猫等のコミュニティハブとして機能する、アーティストリビングスペース。家屋内外を使った展示やイベント、アーティストインレジデンスも企画。現代美術作家の葛谷允宏が借主である(2013年現在)。

英訳/keikotanizaki
デザイン:桑原 秀平
オーガナイザー:阿部 乳坊、松下 徹
感謝:キャサリン氏、葛谷 允宏氏、木村 泰平氏



Title: Haisyakkei/ Skyrocket can be a Conflagration.
Date: 14Dec - 15Dec 2013 (2pm - 7pm)
Place: Haisyakkei/1-8-1 Ino, Toride, Ibaraki, Japan
blog:http://haisyaku.jugem.jp
Event schedule:
13Dec; 7pm:  Pre-opening 
14Dec; 5pm - 7pm: Artist presentation [Guest artist/ Hirata Goro]
15Dec; 7pm: Open meeting for next exhibition in Haisyakkei
*Special exhibition will be held on 28-29Dec 2013 (2pm - 7pm)


Artists: 
Abe Nyubo
Ichikawa Zyun
Oshio Hiroko
Kikuchi Ryota
Shimonishi Susumu
Sugimoto Katsuya
Torii Shota
Fujibayashi Haruka
Matsushita Tohru

Haisyakkei/Skyrocket can be a Conflagration.
You see cigarette smoke is hung in air when you smoke in the dark room.
The smoke shines like mass of a cloud, then it changes its shape like a line, and at last it fades away. 
Haisyakkei is like the smoke in the dark room.
One day a lot of people gathered, the other day no man in there. Somehow it started and somehow is still surviving. At every moment,  no one is the same, no space is the same, no thought is the same in it. 
What is "Haisyakkei"?? It is not an art project, not an art collective nor an alternative space. One certain thing is that many artists emit smoke with their creations.
In this exhibition, we will emit smoke without fire to produce buzz in the "world" with little lights.

What is "Haisyakkei"
"Haisyakkei" is a rented house in Toride, Ibaraki, Japan, which is growing and undergoing changes under constant reconstruction. Community life and creation are intermingled in the Artist living space, working also as a hub for local people, artists, students, curators and even cats. Both inside and outside of the house, exhibitions, events and Artist In Residence[AIR] are held. Kuzuya Nobuhiro, contemporary artist, is now living there.


Translation: keikotanizaki
Design works: Kuwabara Shuhei
Organizer: Abe Nyubo, Matsushita Tohru
Special Thanks: Katherine, Kuzuya Nobuhiro, Kimura Taihei




フライヤーイメージ

 
| 火の無い処に煙を立てる。 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 17:09 | - | - | |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック