<< 拝借景とは、 | main | 拝借景とは、《寺田邸の扉はいつも空いています》 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
拝借景とは、《詳しく》

《拝借景》

ここは寺田邸。

わたしたちはこの場所で出会い、飲み、笑い、そして語り明かした。

家主は山内祈信、そして居候の阿部乳坊。

寺田邸はなぜか仲間が自然と集まってくる場所だ。

その事から山内はウクライナ童話になぞらえて、この借家を《てぶくろ》と呼びはじめる。

 

  雪の降る森の中、こいぬと歩いていたおじいさんが手袋を片方落として行っ
  てしまいます。

  ねずみがかけて来て「ここで暮らすことにするわ」と手袋の中に入ります。
  次にやって来たかえるが「わたしも入れて」と言うと「どうぞ」と入れてく
  れました。うさぎ、きつね、おおかみ、いのししが次々とやって来て仲良く
  中に入ります。手袋はもうぎゅうぎゅうづめです。
  そしてやって来たのは、くま。「わしも入れてくれ」「とんでもない。まん
  いんです。」のやりとりのあと「ほんのはじっこになら・・・」とくまも仲
  間に入れてもらい、手袋は今にもはじけそうです。

  手袋が片方ないのに気付いたおじいさんが探しに戻るその先を、こいぬがか
  けて行くとむくむく動く手袋が・・・。「わん、わん、わん」とほえるとみ
  んなはびっくり! 手袋からはい出して森のあちこちへ逃げて行きました。

           ウクライナ民話/訳: 内田 莉莎子/出版社: 福音館書店

 

世界にただひとしずく落とされた【てぶくろ】という可能性。ネズミは誰が落とした手袋か知りません。

誰がだれを呼んで、この借家に人が集まって来ているのか。「わしも入れてよ」と青木意芽滋。「どうぞ」と山内祈信。そのうちどんどんやってきます。「おいどんも」と峯靖晃
、「ミーも」と市川淳、「キッチンでいいから」と葛谷允宏。【てぶくろ】は今にもはじけそうですが、そんなの関係ありません。「みんな集まれ」と阿部乳坊。

それぞれが胸にはち切れんばかりの夢と可能性と意地をもって、目のまえにひとしずく落とされた可能性にすいこまれて行く。

取手という町がそうさせたのか。

寺田邸という語らう場所を得て、【てぶくろ】の仲間たちはそれぞれの思いをはち切れんばかりにどんどん膨らませます。はじけるのなら仕方がないと覚悟をして…。

それでも【てぶくろ】は破れないでしょう。

夢破れぬまでは
吉原死女



《Thank you for renting this house to us.》

Here is the Terada residence.

People gather here spontaneously. They met, drank, laughed and talk each other.

The name of the landlord is Yamauchi Kishin, a parasite resides in it is Abe Nyubo.

Yamauchi started calling here as a 《glove》.

 

Snowy day in the forests, the old man with a puppy lost a glove.

A mouse came into the glove and said “I’ll live here.”

Later a frog came in and said , “let me in”, the mouse said “come in.”
And a rabbit, fox, wolf, wild boar all come together happily.
The glove is full.
Finally there comes a bear. He said, “please let me in.”
But the mouse said, ”crowded.” After the conversational give-and-take.


“You can stay in the corner.” The glove is about to tear .

The old man realized that lost glove is seeking the other glove. Before
he comes, his puppy found the glove and barked “Bow!! Bow!!”

Everyone inside are surprised at that moment and spreadout some where in the
forests.
folktale in Ukraine/translation:Uchida Risako/publisher:Fukuinkanshoten

 

There is a possibility called 《glove》. The mouse do not know who droped that.

We don’t remember who call and why people gather there.
Aoki Imeji said , “Let me in.” Yamauchi said “welcome.” People come steadily. “Can
I ?” said Mine Yasuaki. “Me ,too” said Ichikawa Jun. ”Can I stay in the Kitchen ?” said Kuzuya
Nobuhiro. The glove is about to tear. But it doesn’t matter. “Come together!” said Abe Nyubo.

Everyone has wishes, possibilities and pride in their heart, and they come together into the possibilities.

Wondering the City of Toride .

In the Terada’s residence, the wishes of the mates of《glove》fulfilled their wish fully.

It does not matter to break their dreams but the glove will not tear till losing their dream.
Yoshiwara Salome


| 拝借景とは | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:23 | - | - | |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック