<< お魚センターとおもちゃセンター | main | 拝借景色 Haisyakukeshiki. Colors of the Age. [2011年11月11日〈金〉〜12月3日〈土〉までの土日祝日] 開催のお知らせ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
NORA×拝借景 やってるよ!!
こんにちは。市川です。

NORA×拝借景の展示は、9月26日から新たなメンバーの展示に入れ替わっております。
今は松下徹、桐生眞輔、上田剛、木村泰平の4名の作家が展示中です。

展示期間は10月23日までとなっております。
オシャレの秋、芸術の秋、ともに満喫したい人は表参道のヘアサロンNORAへ足を運んではいかがでしょうか!



先週の土曜日には、作家が自分の作品についてのプレゼンテーションをNORAのスタッフさんにする会が開かれました。

アートというものには、作品そのものを観るだけではなかなかわからない”深み”があるものです。
作家自身のコトバとともに作品を観ることで、より作品の魅力を感じてもらえるようにとこのような時間を設けさせてもらいました。

これでNORAに来たお客さんとスタッフさんの会話の中で、作品の話題になったときもより詳しい話ができるに違いありません。
んー素晴らしい!
スタッフのみなさんよろしくお願いします!



営業終了後のお店でスタートです。
プレゼンのトップバッターは上田!



彼は工芸科の学生で、鋳金の技法の解説から作品のモチーフである"OMOTE"について丁寧にしゃべってくれました。


つづいては、桐生さん。



桐生さんは書家で、今回の作品は墨から自分で作ったという話をしてくれました。
墨の材料はススですが特別な所から集めてきたススなのです!
さらに書家の自分がなぜ美術表現をしているかについて、ひとつひとつ順序よく話してくれました。


3人目は木村。



作品の制作方法を解説してくれました。結構スリリングなようです。
さまざまな物理的な力を利用してカタチを作る制作スタイルです。


最後はトーリ。



スプレーを使って作品をつくる方法を解説。
自らのアイデンティティから作風ができていることを話してくれました。

そして最後には今回の展示作家4人は、自然を敬う日本的価値観が根っこにあって作品を制作しているとのまとめのコトバ。

そういう切り口で観ると、ひとつの作品から歴史をさかのぼったり文化について考えたりできるね、ナルホド。
良い話でした!



仕事終わりの疲れている時間に真剣に話を聞いてもらったNORAのスタッフのみなさま、ありがとうございました。


その後我々は近くの飲み屋で一杯いってきました。
プレゼン後には毎回行っちゃいそうな安くてうまい店。

ぜひ一度NORAのスタッフさんとも飲みに行ってみたいですね!







| outside work 2011 | 01:58 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 01:58 | - | - | |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック