<< 阿部乳坊個展無事終了致しました。 | main | 出張プレゼンテーションinNORA! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
拝借景出張展!!NORA×拝借景×下西進×藤林悠×P!!
 先日無事19組の作家による展示が無事終了し、引き続き”下西 進×藤林悠×P”による展示が開催されています。
  
下西 進×藤林 悠× P  / Shimonishi Susumu × Fujibayashi Haruka × P 

期日:2011、8、29(月)〜9、25(日)
時間:平日12:00-22:00 土曜日11:00-20:00 日曜日・祝日11:00-19:00
住所:〒150-0001東京都渋谷区神宮前 5-1-6イルパラッツィーノ表参道 1F
TEL:03-6419-9933  FAX:03-3498-4242
アクセス:東京メトロ銀座線・千代田線 表参道駅A1出口 徒歩1分

先日28日作品転換の様子。いつものごとくばたばたと時間オーバーしながらの搬入、搬出となってしまいました。NORAのスタッフのみなさま、夜遅くまでお付き合いいただき本当にありがとうございました。




『金!性!虚栄と真実の狭間に欲望の渦巻く大都会!! 現れたのは緑色に発光する謎の少女!空を飛ぶのはヒーロー?? はたして茨城からやってきた3人組は表参道になじめるのか!?』

素材:紙、アクリル、インクジェットプリント、写真、skypeの会話ログ、表参道での取材8/15  

コメント(Pの場合)

無関心になったとしても、生きていける世の中です。 そこで、関心を持つべきだと言いたいワケではありません。ただ、関わるヤリ方は色々あるはずだと思うのです。 自分のいる場所がリアルなのですから。 拒否するには知らなさ過ぎる、 かと言って、 いきなり自分の立っている所を実感できない。 僕なりのこの街・美容院への挨拶と言えます。(奥田)  

僕たちがテーマとして扱っているものの一つに人間関係のカベのようなものがあります。ぼくたちはふだん暮らす中でやっぱりどうしても相手をイメージや先入観で見てしまうのですが、そこで生じる壁のようなものをいかに取り払ったり、変換したりするかということに興味をもっています。そのカベは実際は絶対に壊せないものな場合もあるかもしれません。ですがなんらかの関わり方はあるのではないかなと思います。 そういったことを、実際に関わった人や場所などに対して考えて作品化しようとしています。(吉田)  

今回ぼくたちは始め表参道に対し相入れない感覚を持っていました。 でも、今回のような関わりを持つ中で、なんとか接点を見つけたいと思いました。 でも、街を歩いても歩いても、出会うのは高級な店ばかり。待ちゆく人もなんだかオシャレな人ばかり。 それでも僕らはなんとかつながりを見つけたいと思いました。 そのとき、空には魔物がいたのです。ヒーローも現れました。僕好みの美少女だっていたのです。 こうして、なじめないと思っていた先入観に僕たちのイメージを上乗せすることで、僕たちは新しい接点を見つける事ができたのです。もちろん、身勝手で主観的なことではあります。 でもこれで、僕らはこの街に愛着が持てそうです。(稲森)



「LINE」 

「LINE」 

コメント
この半年間ほど、電気料金を払うとき、なんとなしに複雑な気持ちがした。 請求書に同封されたお詫びの書類。電気を消費しながら被爆する日常。しかし、電力を使うことをやめるまでには至らない現実。苛立ちと矛盾とやるせなさ。 影響を今は自覚するまでもないが、日々の情報から自分の身体が蝕まれているだろうことは、漠然と知っている。 身体の象徴としての髪の毛、つながりの象徴として、あるいはジョイントとしてのコード。 私たちは自身の身体を通して、現在の社会事情、問題を共有している。そのことを忘れないために。
藤林 悠



「Ho Chi Minh City, 2009 」「Bangkok, 2008」「New York, 2006」
コメント
自作の長い一脚に大判カメラを取り付け、世界の様々な都市を俯瞰撮影している。 都市を歩く人々とそこに存在する私自身を、カメラという装置を用いて記録して ゆくことが私の仕事です。
下西 進



拝借景出張展、NORA×拝借景 はこれから2012年2月19日まで一ヶ月おきに作品が変わり、作家も変わってゆきます。拝借景に出入りする作家はぞれぞれがそれぞれ、美術、芸術という共通点はありますが、異なったことを考え、異なった素材を用いて作品を制作しています。この約半年にわたる展示の中でどんな事が起きて行くのでしょうか。NORAのスタッフさんの営業後の深夜まで続く真剣な練習の姿を僕は見ました。それに負けないくらいの情熱で僕らもぶつかっていけたらと思っています。この期間は作品を展示するだけではなく、そこから、その場からなにかを感じ取って、交換しながらの半年間になるように楽しんでいきます。
お時間ございましたらぜひとも皆様 〈NORA×拝借景、拝借景出張展〉へ足をお運び下さいませ。いつもの拝借景とは違う何かが発見できるかと思います!よろしくお願いします。
阿部乳坊





 

| outside work 2011 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 16:36 | - | - | |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック