拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic” 作品写真/works photo

拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic”
2014年3月8日【土】9日【日】15日【土】16日【日】21日【金・祝】22日【土】23日【日】 14:00-19:00
8,9,15,16,21,22,23 March 2014[sat,sun,national holiday](14:00-19:00)

本展覧会は2014年3月23日(日)をもって無事終了致しました。お越し下さったみなさま有り難うございました。

本展覧会の作品写真をご紹介致します。


阿部 乳坊/ABE Nyubo
会場:長屋・取手市井野1-3/Low house・1-3 Ino, Toride

[ タイトル/ title]

少女A / a girl A

[ 制作年/ year]

2014




[ タイトル/ title]

屋根の上の変態動物/ Shape shifter on the roof

[ 制作年/ year]

2011

[ コメント]

時間を経て、環境を受けいれたその先に、変態した生物を想像した。

変態動物とは何者でもあり、何者かでもない生物である。


[ タイトル/ title]

反対物の同居/ Cohabitation of opposite things

[ 制作年/ year]

2007/2014

[ コメント]

離れているという事柄があることで、この世界は成り立っている。それらが別の世界の事柄として、隔絶されないように僕は精一杯つなぎ離さない。そしてそれらを未来へ連れて行くために前に進むという選択をする。




荻原 貴裕/OGIHARA Takahiro
会場:拝借景・茨城県取手市井野1-8-1 /Haishakkei/1-8-1 Ino, Toride, Ibaraki, Japan





[ タイトル/ title]

拝借景庭/ I make a Japanese garden with Haishakkei

( レジャーな石庭+ なんだか庵)

始まりはいつもレジャーシート

( チャゲアス風に)

雪に心踊らせても

雨に降られ 消えてゆく

飛ばし気味に青春を感じても

風に吹かれて消えちまうのさぁ

( エレカシ風に)

始まるよここは拝借景!

消え無い煙は拝借景!

oh〜イェ〜

[ 制作年/ year]

2014

[ コメント]

安土桃山から江戸初期の「茶の湯」という文脈を見たとき、それを芸術と考えるならば、それは文化であり政治であり概念を構築される行為であると考える。私の「行い」はこの日本に元来あった芸術の文脈と輸入された芸術が整理されない、若しくは現代のグローバル化、ナショナリズムから日本におけるART の限界、間に揺れるアート、芸術、美術を制作する者にとってのジレンマであると同時に「間」の中で新たな概念を構築する為の準備、行為である。つまりはこの間を考えることで今現在の日本人という、立ち位置を意識的に、また自分とは何かを等身大、身近で考えようとする作品である。
 


[ タイトル/ title]
残雪山/ Lingering snow mountain

制作において私はなるべく対話をして行いながら茶室と枯山水をチープな素材で制作しました。また出来るだけ意見を参考にして完成にもっていきます。意見としてあえて書いておかなければならないのは枯山水に使用したレジャーシートの配色についてです。この配色が嫌だという意見は、今回制作することにおいてキーワードになっていると思うからです。ただの色が配列を変えるだけで、意味を持ち、人を不快にも愉快にもさせるのだということ、色を扱う事の多い芸術家は、それを考えると何もできなくなる事になってしまうという意見が面白くなりました。また、制作する前に雪が降り、近所の雪掻きをして庭と道路にまたがって雪山を制作した事で良い事をしたはずが道の邪魔にもなるし、作品なのか雪なのかで議論された事に間を意識的に、ただの雪が意味をもったことが、この作品の制作開始に良かったと思います。その雪はみるみる溶けて、そんなことあったな、となる訳で。。関わった方々すみません。今言います。ワザとです。

私はこの拝借景の庭で不快か愉快か、作品かゴミか、悪ノリかマジメか、考えてるのか無意識なのか、良い人なのか悪い人なのか、を探りながら制作しました。




久保 ガエタン/KUBO Gaëtan
会場:拝借景・茨城県取手市井野1-8-1 /Haishakkei/1-8-1 Ino, Toride, Ibaraki, Japan


[ タイトル/ title]

自己のイメージ / Selfʼ s image

[ 制作年/ year]

2014

[ コメント]

僕たちを不安にさせた福島の原発の建屋の絵を覚えていますでしょうか。

三陸の海と鳥をモチーフとした図像はクリーンエネルギーによる平和を象徴していたのでしょう。

しかしその巨大なモニュメントが暴走装置になってしまうことは、僕が制作をする、つまり考えることで重要なモチーフとなりました。

この作品は、原発の四角い絵柄が高速回転することによって、円形の曼荼羅に変化します。曼荼羅はユング心理学では安定を示しています。

安定しているようにみえ、暴力的であるこの装置は僕にとって、原子力発電所と一緒なのです。

 




[ タイトル/ title]

人食い / man eater

[ 制作年/ year]

2014

[ コメント]

心理学で有名なユングは4歳の頃に人食いの夢を見た体験が心理学のベースとなっています。洞窟の中の玉座にそびえ立つ長い肉の固まりをした人食いは、巨大な男根(ファルス)であることに後年気づきます。ファルスは家父長性の権力などの象徴であるとされています。叫ぶことによって興奮し、そびえ立つ風船は、まるで人食いのようです。ファルスをつくり、あなたにとっての権力を爆発させてください。
 



[ タイトル/ title]

拘束のバルーニング/ Balooning restraint

[ 制作年/ year]

2014

[ コメント]

昔みたソ連のSF 映画で、最後の息を風船に吹きこんだお墓のシーンをよく覚えています。またアダムも主の吐息によって人間となったと記述があるように、息を吹き込むことで彫刻に身体性を与えることに興味がありました。建築によじのぼり、風船に息を吹き込んではめていくことで、この家にドローイングをしてみました。




郷治 竜之介/GOJI Ryunosuke
会場:GOJI STUDIO・取手市井野1-7-7/GOJI STUDIO・1-7-7 Ino, Toride






[ タイトル/ title]

banana leaves / green

[ 制作年/ year]

2014

[ コメント]

最近は植物などを描きます。




幸田 千依/KODA Chie
会場:長屋・取手市井野1-3/Low house・1-3 Ino, Toride
  





[ タイトル/ title]

絵画とみる景色/ The scene seen together with pictures

[ 制作年/ year]

2014

[ コメント]

長屋とみる 長屋からみる



[ タイトル/ title]

アーティスト イン 長屋 / Artist in NAGAYA

[ 制作年/ year]

2014

[ コメント]

絵を描いています 

しばらくのあいだ取手に暮らし 

長屋に居着きます

アトリエ放浪記です
 



近藤 俊太郎/KONDO Shuntaro
会場:拝借景・茨城県取手市井野1-8-1 /Haishakkei/1-8-1 Ino, Toride, Ibaraki, Japan

 




[ タイトル/ title]

アバンギャルド茶会/ Avant-garde Tea ceremony

移動茶室「丿庵(へちあん)」/ Portable Tearoom「HECHIAN」

[ 制作年/ year]

2014

[ コメント]

軽自動車を改造して作った移動茶室「丿庵(へちあん)」にてゲリラ茶会を開催します。究極的にそぎ落とすことで生まれたのがこの極小茶室「丿庵(へちあん)」。前衛的な茶会を通して、当時、千利休が追い求めた極限までそぎ落とした「マイナスの美学」を堪能できるチャンスです。
 



下西 進/SHIMONISHI Susumu
会場:JR取手駅東西連絡地下通路/JR Toride station East-West Accessway Wall




[ タイトル/ title]

I'm on the Earth

[ 制作年/ year]

2013

[ コメント]

世界の様々な都市の中心で、カメラを取り付けた自作の長い一脚を立て、都市を歩く人々と自分を俯瞰撮影している。撮影した三都市を並べる事で、都市の様子を俯瞰的に比較する。
 



中野 岳/NAKANO Gaku
会場:日本企画 旧社屋・取手市台宿2-10-15/NIHON KIKAKU・2-10-15 Daisyuku, Toride

 





[ タイトル/ title]

最後の音をきく/ Hear the bottom noise

[ 制作年/ year]

2014

[ コメント]

 この作品は、わたしが[ 日本企画] の旧事務所にあるかもしれない「おもしろいこと」を求め、建物の壁をはがしたところから始まりました。

 築約40年のこの事務所は、すべての柱と土台が腐り、沈下した基礎の上にかろうじて立っている状態でした。わたしはそのいつ崩れるかもわかない恐怖によって、例えばトラックが通る度に発生する建物の振動音や、壁をたたくと落ちてくる腐った木くずの音といった些細な音に敏感になりました。そして、建物内では身体感覚は研ぎ澄まされ、やがてその普通ではない状況が「おもいしろいこと」のように思え、自身はその中心的な価値に近づくための行為へと誘導されていきました。

 この建物は老朽によってまもなく終わりを迎えますが、わたしは解体される前のこの状況に、生き物の死の直前と同じような異常性を感じていまた。その瞬間は、一生に一度しかないという説得力をともなった何かしらのメッセージが残される瞬間なのかもしれません。それは断末魔の叫びなか、悪あがきなのか、あきらめなのか、「おもいしろいこと」なのか。きっとその物語の最後に立ち会うことでしかわからないのでしょう。自身とは全く関係のなかった物語の最後から何を受け取るのかという興味、そして身体感覚と共振する感情的な音にひきこまれ、ここで想像を超える何かに出会える気がしたのです。



 

| 非の無い処に煙を立てる。 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | |
拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic” イベント写真/Event photo
拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic”
2014年3月8日【土】9日【日】15日【土】16日【日】21日【金・祝】22日【土】23日【日】 14:00-19:00
8,9,15,16,21,22,23 March 2014[sat,sun,national holiday](14:00-19:00)

拝借景/会期中イベント:
*3/8【土】17:30-19:00 アーティストトーク
「ローカルアクションとしてのアートプロジェクト」ゲスト:呉尚霖(ウ・シャンリン)/アーティスト、インディペンデントキュレーター



*3/9【日】17:30-19:00 トークディスカッション
「これからのアートプロジェクトー秋田からの視線ー」 ゲスト:松渕 得雅/アーティスト、ゼロダテスタッフ
現在各所で頻発するアートプロジェクト。今、私達作家はどのような事を考え、未来を見出していけるか。秋田の視点を通してこれからのアートプロジェクトの未来と作家のあり方について話し合います。



*3/15【土】15:00-17:00 ワークショップ
貧藝品評会:荻原 貴裕
あるところに貧藝とは何か?を考え続ける貧藝人がいました。その人の名は「荻原数右衛門」さん。
今回は拝借景にて「貧藝品」を持ち寄り、お気軽に数右衛門さんや集まった仲間と貧藝トークしましょう!当日はみなさまの「貧藝品」をぜひお持ち寄り下さい。



*3/16【日】15:00-17:00 イベント
アバンギャルド茶会:近藤 俊太郎
軽自動車を改造して作った移動茶室「丿庵(へちあん)」にてゲリラ茶会を開催します。究極的にそぎ落とすことで生まれたのがこの極小茶室「丿庵(へちあん)」。前衛的な茶会を通して、当時、千利休が追い求めた極限までそぎ落とした「マイナスの美学」を堪能できるチャンスです。今回は荻原 貴裕さん制作の特設茶室でも茶会を開催いたします。



*3/16【日】17:30〜18:00 ライブパフォーマンス@拝借景P
会場:拝借景
現在京都で活動中の P によるライブパフォーマンスを3/16(日)17:30から開催します。
P は過去取手で活動していた事もあり、拝借景とは深いつながりがあります。今回はオリジナル曲を携えてのライブです。
今回は屋根の上での実験的なライブパフォーマンスを行いました。





*3/21【金・祝】17:30-19:00 アートスペースディレクタートーク 
「ベイルートから春を」 ゲスト:ニノ・アッジ(Nino AZZI)/アートスペース"Art Lounge", "arthum"代表
中東レバノン、ベイルートにある"Art Lounge", "arthum" の二つの美術施設を運営しているニノ・アッジ氏をお招きします。揺れ動くレバノンのアート事情、政治的な背景等をお話いただきます。遠くてなかなか想像できないレバノン、ベイルートの貴重なお話を伺えるまたとない機会です。



*3/23【日】 17:30- クロージングレセプション




| 非の無い処に煙を立てる。 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | |
取手 アトリエ放浪記3 終
幸田です

「非の無い処に煙を立てる。」 会期ぶじ終了しましたー 私は24日に搬出も済ませ 今は東京の自宅に戻っています

いやー あっというまの滞在期間でした
そして 帰って来たら春が来ている 桜だ桜 さいこうです これからしばらくは 桜とビールを呑むことを中心にしていこう

春は人のこころを活発にもするけど 巡りが悪くなると発狂する季節だそうですね オギーさんのはなしに学びました
身体も動かしつつ 頭も働かせて そのバランスをだいじに やっていきましょうね


さて 会期の最後の週末は どどどっとあっというまに過ぎたけれど 一日中絵のまえにいて じっくり 絵を描く頭で
最後の取手生活を味わえたときでもありました

カレー食べたり とにかく ごはんをいつもだれかと食べていて 楽しかった



今回は 絵のまえで再会もたくさんあったし 思いがけない繋がりもあったし よかったです
 印象として 取手に住む一般の 通りすがりの人の反応もとても素直なもので これは実は案外ないので おっ と思いました 「何これ(苦)」 というより 「何これーっ!(驚)」というかんじで
老若男女 気軽にのぞいていたと思います
なんか 根底のところでこの土地に 芸術鑑賞のベースが自然とあるような? 芸大のおかげが大きいかもしれませんが
そんな気もしました
ただ 展示は「芸大生?がんばってね」 の域を大きく越えたものに もっともっと なっていかなければ!と思いました


展示最終日 クロージングぎりぎりのところで なんとかかんとか 絵が 今回描きたいところに着地し 長屋の中に絵を吊り
展示しました
クロージングパーティのとき阿部くんが みんなをひきつれて長屋まで ツアーをしてくれて
日が暮れて 展示だけが光る長屋で 絵をみる
うれしかった ほんとうになんかうれしかったです
今回 私はなんだかんだ やっぱり 取手のアーティストに向けて 絵を描いていた部分が大きかったように思います
自分と同じように ひとりひとり つくっている人たちに出会いたかったし 作品を見たかったし見て欲しかったと思います
だから 夜の長屋で 最後にみんなで 長屋と絵をみていたその瞬間に とても感動しました
取手に来てよかったなーと 思いました
この夜を忘れません ね





翌日 搬出 ていねいに でもあっというまに終了して 取手で描いた一枚の絵は(まだ乾いてないから)しばらくのあいだ
拝借景に滞在です 


下西さん 阿部くんとも はなしをして なんだか寂しくなるから 日が落ちる前に取手をでた
毎日毎日みていた 取手の夕暮れを またみながら帰る



いつもはこの長屋までのあいだ 夕日をみていました



今日は その先の丘を越えて帰ります



取手駅へ



帰りの常磐線がまた 綺麗でした 人がたくさんいて 夕暮れの光に照らされていて 自分が描いた絵みたいな光景でした

色々なことを肯定的に考えながら 力が湧いてくるような常磐線でした が 途中から爆睡でした

起きたらすっきり 夜

またここから がんばっていきたいと思います

おつかれさまでした! ありがとうございます! 
エイエイオーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッ !

終わり



 
| 非の無い処に煙を立てる。 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic” 無事終了致しました。
拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic”
2014年3月8日【土】9日【日】15日【土】16日【日】21日【金・祝】22日【土】23日【日】 14:00-19:00
8,9,15,16,21,22,23 March 2014[sat,sun,national holiday](14:00-19:00)


本展覧会は無事終了致しました。お越し下さったみなさま有り難うございました。

また次回なにかしらの展示できるようがんばります!

またよろしくお願い致します。









 
| 非の無い処に煙を立てる。 | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | |
拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic” 3月23日(日)17:30〜
拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic”
2014年3月8日【土】9日【日】15日【土】16日【日】21日【金・祝】22日【土】23日【日】 14:00-19:00
8,9,15,16,21,22,23 March 2014[sat,sun,national holiday](14:00-19:00)

展覧会は3/23(日)でお開きです!
17:30からクロージングレセプションを開催します。

ぜひおこしください!!!



| 非の無い処に煙を立てる。 | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | |
拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic” 3月21日(金・祝)17:30〜
拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic”
2014年3月8日【土】9日【日】15日【土】16日【日】21日【金・祝】22日【土】23日【日】 14:00-19:00
8,9,15,16,21,22,23 March 2014[sat,sun,national holiday](14:00-19:00)

3/21【金・祝】17:30-19:00 アートスペースディレクタートーク 
「ベイルートから春を」 ゲスト:ニノ・アッジ(Nino AZZI)/アートスペース"Art Lounge", "Artheum"代表
中東レバノン、ベイルートにある"Art Lounge", "Artheum" の二つの美術施設を運営しているニノ・アッジ氏をお招きします。揺れ動くレバノンのアート事情、政治的な背景等をお話いただきます。遠くてなかなか想像できないレバノン、ベイルートの貴重なお話を伺えるまたとない機会です。

USTREAM配信します。17:30〜

21Mar[fri] 17:30-19:00 Talk event 
[Artist Talk about Lebanon] Guest: Nino AZZI from "Art Lounge", "Artheum" at Beirut, Lebanon


Nino AZZI 
borrowing from "agenda chlture





 
| 非の無い処に煙を立てる。 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | |
取手 アトリエ放浪記1 
こんにちわ 「非の無い処に煙を立てる。」に参加している 絵描きの幸田千依です

拝借景にレジデンスしてはや5日 怒濤の日々でしたが すこし整理してみましょう

ここ数年 あちこち レジデンスやらで 地域を巡っています
そのつど出会うコミュニティ 人 それぞれの違いと 同じ志し 思う事がたくさんあります

さて 取手の拝借景ですが 一日目からとても居心地が良い みんなでお酒呑んだり こたつで夜な夜な話す 笑う
そして なんか拝借景まわり 男ばっかりです 若いアーチストから 年上のアーチストまで 縦のつながりが強いです
そんな渦の中 暮らしています

無限カレーもやってます 取手に来てからずっと 朝晩カレーです 毎回美味しいです 
男が多いので 米もカレーもすぐなくなります





はいこれ わたしのアトリエです 普段 移動制作の多いわたしは自分のアトリエを持っていません
今回 取手にある長屋で展示をすると同時に 同じ並びの長屋を マイスタジオとして使わせてもらって
そこで毎日 絵を描いています 古い長屋 見た目最高 アトリエとしてもちょうど良い広さ
ここで10日間ほど 絵を描いたり ピアノの練習をしたり 通りかかる人とおしゃべりしたり 日常を行っています
今日は 美味いトマトを差し入れしてもらいましたよ !


この週末は イベントつづきで あっというまでした
土曜日 貧藝品評会 まさかの貧藝賞もらった
荻原数右衛門さんありがとう


去年 福島の土湯温泉でのプロジェクトで出会った 高橋くんとも まさかの取手で再会
こういう出会い直しがあるから 制作をつづけることはおもしろい
(カレーを差し入れしてくれた わかってるね)


日曜日 屋根の上でライブです なんて清々しい歌もすばらC
この日は アバンギャルド茶会も体験したし 夕方はみんなで 拝借景の大家さんのお誕生日も祝いました



取手にはたくさん アーチストが住んでいます 昔から知り合いだった人達 顔見知りな人達
ふだんなかなかどうして のんびり話すこともあまりできなかったりしていた人達とも
取手という場所でまた出会い直して 日常の時間軸と 展示という非日常の時間の中で すなおに話すことができてうれしい
暮らす ということと 創る ということを 貴重に思えるのが レジデンスのいいところですよねー

取手は夕日がきれいだよ と いわともに言われていたけれど ほんとうにきれい!
暮らしている拝借景とアトリエの長屋を結ぶ たった2分くらいの距離 東西に走る道が 私の今の生活圏
毎日毎日みる夕日に 今回の滞在のポイントがある ような 気がする




新しい人と話す事で かきまぜられる何かがあります
出会い直すことで ぐっと深まる何かもあります
あと一週間後には 取手を出て行く存在として 今 見えるもの きちんと見て 
絵を描く手を動かしながら 考えて 愉快に 過ごしていきたいとおもいまーす

(週明けの今夜は 阿部くんと 京都から来たよしだくんとカレーを食べて 囲碁をして
すこしビールを呑んで笑う 静かな日常です 明日は早起きして 朝の取手を見てから 絵を描くぞ)

夜の長屋 阿部くんの屋根上彫刻かっけー

| 非の無い処に煙を立てる。 | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | |
拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic” 会期中滞在制作”幸田千依”3/13(木)より
拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic”
2014年3月8日【土】9日【日】15日【土】16日【日】21日【金・祝】22日【土】23日【日】 14:00-19:00
8,9,15,16,21,22,23 March 2014[sat,sun,national holiday](14:00-19:00)

現在長屋にて滞在制作中

会期中、幸田千依さんが展示会場である「長屋」にて3/13(木)〜23(日)まで滞在制作をします。
滞在中は平日も長屋にて絵を描いています。みなさまのお越しをお待ちしております。



| 非の無い処に煙を立てる。 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | |
拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic” 3月16日(日)15:00〜
拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic”
2014年3月8日【土】9日【日】15日【土】16日【日】21日【金・祝】22日【土】23日【日】 14:00-19:00
8,9,15,16,21,22,23 March 2014[sat,sun,national holiday](14:00-19:00)

*3/16【日】15:00-17:00 イベント
アバンギャルド茶会:近藤 俊太郎
軽自動車を改造して作った移動茶室「丿庵(へちあん)」にてゲリラ茶会を開催します。究極的にそぎ落とすことで生まれたのがこの極小茶室「丿庵(へちあん)」。前衛的な茶会を通して、当時、千利休が追い求めた極限までそぎ落とした「マイナスの美学」を堪能できるチャンスです。今回は荻原 貴裕さん制作の特設茶室でも茶会を開催いたします。

16Mar[sun] 15:00-17:00 Tea ceremony 
[Avant-garde Tea ceremony] Artist: KONDO Shuntaro







 
| 非の無い処に煙を立てる。 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ライブパフォーマンスのお知らせ。P(プラプラーズ)
拝借景/非の無い処に煙を立てる。/Haishakkei/ The “Bagic”
2014年3月8日【土】9日【日】15日【土】16日【日】21日【金・祝】22日【土】23日【日】 14:00-19:00
8,9,15,16,21,22,23 March 2014[sat,sun,national holiday](14:00-19:00)

3/16【日】17:30〜18:00 ライブパフォーマンス@拝借景P
会場:拝借景

現在京都で活動中の P によるライブパフォーマンスを3/16(日)17:30から開催します。
P は過去取手で活動していた事もあり、拝借景とは深いつながりがあります。今回はオリジナル曲を携えてのライブです。
今回は屋根の上での実験的なライブパフォーマンスを行う予定です。(雨天時室内に移動します。)

皆様のお越しをこころよりおまちもうしあげます。

P(プラプラーズ)
「けむり。」
http://www.youtube.com/watch?v=FPiUWMeprSk

「ボクたちの未来」
http://www.youtube.com/watch?v=TSNVrnabEGU

「アイノウタ」
http://www.youtube.com/watch?v=60TaYHk5bn8



| 非の無い処に煙を立てる。 | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| 1/3PAGES | >>