ご結婚おめでとう。高倉夫妻、静岡伊勢丹シェ・コーべさんにて。
とにもかくにもおめでとうございます。友人が結婚であります。
そこで静岡にてお祝いしよう!ということでまたもや伊勢丹、シェコーべさんにて最終日の夜はおめでとうパーティーです。シェ・コーベさんは名古屋に本店を構えておられる、老舗フレンチレストランです。本店にも一度は足を運んでみたい!

新婦、素敵な笑顔です。

新郎、大きなやつです。

夫婦そろって。奥の市川さんの顔を見ればこの日の空気、雰囲気が伝わりますね。

かっこいいな。威風堂々。

乾杯に続き、各々の自己紹介と祝辞が述べられていきます。葛谷さんも今日はきちんと正装にて、しっかりとお話されていました。

酔いも回って来た頃。稲森さん、奥田さんによるコングラッチ生ライブです。この日のために自宅から、アコースティックギター、ドラムを持参でした。すごいな。

緊張感とともに和やかな空気を醸し出す、稲森さんのトークです。奥田さんの絶妙な間の手、お助けは二人の信頼関係が目に見えるかのようでした。

カンペを見ながらも、良い歌歌ってくれました。個人的に”Let it be”の勝手に即興日本語バージョンがかなりかっこ良かったです。なすがままにいきればいいさ!!お酒のせいか、歳のせいか、涙がでましたよ。ほろりと。ぽろり。また聴きたいなあ、聴き入りたいなあああ。

ケーキカットもやっちゃいました。いいなああ。ケーキカット。そしてこのケーキ美しいだけじゃない、大きいだけじゃない。おいしさも抜群!!ありがとうございます。シェ・コーベさん!

今回は盛りだくさん。いつもお世話になっている大塩さんにみんなからのプレゼントです。
中身は。。。。

☆のついたメガネと、冬にむけてのニット帽でした。いいね、いいね。さすが市川さんが選びに、選んだかいがあるってもんです。

そしてラグビー部経験者によるお祝いです。がっちりスクラムを組んでいこう!という事なんでしょう。なんだか見ているだけで元気と熱量が出てきました。久保さん、桐生さんありがとうございました。

そして伊勢丹の柳本さんによる詩の朗読です。様々な人生経験をされた方の詩とはなんと奥深いものなのでしょうか。「静かに漂う舟一艘。しんしんとのぼってくる太陽をどきどき想像して今か今かと。」←これ私阿部の詩です。おっと少し詩の風が吹いてきました、失礼しました。
柳本さんには無理を言って朗読していただきました。ありがとうございました。声と時間と詩がいい景色となって僕の頭の中に浮かんでおりました。素敵な時間ありがとうございました!!


最後に集合写真です。いい。なんだかいい。それぞれいい。そんな感想です。

最後までお見送りいただき本当にありがとうございました。イイヨル。良い友人。良い時間。良い静岡。また期待ですね。また来たいですね。

本当にたくさんの方に支えられて、僕らはあるんだなあ。

有り難い、とは有る事が難しいと書きます。本当にそんな偶然の中で生きているのかもしれません。

次回の拝借景の展示にて少しでもこの感謝の気持ちを形にできたらと思います。形にする事、動く事、伝える事。

取手でもひさしぶりですが、何かあるみたいです。なにか起こりそうな予感がします。

ぜひ、取手にてまたお会いしましょう。楽しみにしています。


阿部








 
| おめでとう!!! | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| 1/1PAGES |